ママの気になる!日々。

新米ママmontanaは、気になることがいっぱい!そんな日常生活の気になる!を自分なりに解決して日々過ごしています。そんな気になる!が、どこかの誰かに届くと良いなと思っています。

乳頭保護器ハードカバー・ママニップルガードに救われる!!

私を救ってくれた乳頭保護器!

 

痛みから救ってくれたことはもちろんですが、

それ以上に、気持ちの面で救われた気がします。

 

とにかく授乳による痛みで、

一日に何度もやってくる授乳の時間が苦痛で仕方ありませんでいした。

 せっかくの赤ちゃんとの触れ合いなのに、ママがこんな気分じゃいけない・・・

罪悪感に襲われながらも、やはり、痛みには勝てません涙。

 

こんな私を救ってくれた乳頭保護器についてお伝えしますね。

 

 

乳頭保護器とは?

ニップルや授乳保護器と呼ばれることもあります。

授乳の際に、乳頭を保護し、授乳を補助してくれるカバーのことです。

乳首に傷や、陥没乳頭・扁平乳頭など授乳しづらい等の授乳トラブルの際に使用されるものです。

 

乳頭保護器の種類

 ・ソフトカバー

 ・ハードカバー

 この二種類があります。

 

ソフトカバー:シリコン製の保護膜のようなもの。おっぱいに被せて使用。

       こちらの方が通常の授乳の形に近いです。

ハードカバー:哺乳瓶の乳首のような形状。乳首につけて使用。

 

私の場合は、ソフトカバーをつけても痛みがあり断念。。

ハードカバーにお世話になりました。

 

ハードカバーの使い心地は?

ハードカバーは、哺乳瓶の乳首のようなもので、乳輪全体を覆います。

乳頭保護器自体も乳頭に当たらず、傷ができていた状態でも痛みは感じませんでした☆

 

赤ちゃんが吸っていると、ハードカバー自体が吸い付くような感じはあります。

ですが、、あの耐え難い痛みには程遠かったです☆☆

 

実際に使用したハードカバー

 

 カネソンのニップルママガードです。

f:id:montana2:20160320213108p:plain

病院で使用していたものが少しガッチリした素材だったからか、

退院後に購入した有名メーカーのは柔らかめのハードカバーでは

全く飲めませんでした。

病院の物を売ってもらうことができず、

すがる思いで購入したハードカバーでしたが、

退院後初めての授乳で全く吸えず。。

悲壮な気持ちになりました、、

 

こんな私を見て、母が他のメーカーのものがないか調べてくれ、

たどり着いたのがカネソンの乳頭保護器です。

 

赤ちゃんの吸う力によって、合う合わない等もあると思いますが、

買い直して本当に良かったです!

一つ千円程かかりますが、あの痛みと比べると買い直しの価値は大いにありました!!

 

我が家の赤ちゃんのように吸う力が比較的強い赤ちゃんだと、

カネソンが合うのかもしれません。

哺乳瓶の乳首に本当に似ています。

 

なにより、さぁ授乳だ!!!と言う時に嫌な気持ちにならずに済みました。

これだけで本当に違います!

この痛みが怖くて授乳の時間が嫌になり、

授乳の時間を楽しめていない自分にとても罪悪感がありました。

 

カネソンの乳頭保護器に出会い、赤ちゃんの顔を見ながら穏やかに授乳。

本当に有難かったです。

 

同じようなことで悩まれている新米ママがこの日記を読んでくれていたら、

痛みや苦痛は我慢せず、

まずは乳頭保護器に頼ってみることをオススメしたいと思います。

 

次回、乳頭保護器の洗浄や保管等についてもう少し書きたいと思います。

mamanokininaru.hatenablog.com

 

以上、ママの気になる!日々。