ママの気になる!日々。

新米ママmontanaは、気になることがいっぱい!そんな日常生活の気になる!を自分なりに解決して日々過ごしています。そんな気になる!が、どこかの誰かに届くと良いなと思っています。

スマイルキュートがやってきた!使い方は??圧力調整!?!?新生児・赤ちゃんの鼻づまり。

さて、我が家にスマイルキュートがやってきました!

 

開けてみると、、

医療機器。取り扱いに注意。等の記載が多数。

もしかして、とてつもなく難しくて扱いにくいものを買ってしまったの!?

と、こわくなりましたが、大丈夫です!!

とても単純で扱いやすいです。

 

今回は、スマイルキュートの初期設定でもある圧力の調整方法について詳しくお伝えしますね。

 

 圧力とは??どうやって調整するの??そのメリット

f:id:montana2:20160325121740j:plain

前回、スマイルキュートを選んだ決め手として、圧力の調整ができると記載しました。

実は、購入した時点では、さほど分かっていなかったのですが、

ばぁばの強い勧めがあり、自分で圧力調整できるものを選びました笑

使用してみて、この調整が便利だと実感しました。

 

我が家の場合は新生児の頃(生後一ヶ月)から使用しています。

その為、弱い圧力でも使用でき、微調整も可能なところがすごく便利でした。

 

鼻水吸引器は、赤ちゃんの為に購入しましたが、大人も使用できます。

また、赤ちゃんが大きくなり、幼児になっても使用します。

なので圧力(=吸引力と捉えてOKです)を調整できると、

必要に応じて使い分けることができます。

高い予算で電動吸引器を購入するなら、

色んな場面で長く使えるのは嬉しいですよね。

 

いざ、調整しようとしてここで問題が、、

 一体、新生児に使用するにはどのくらいに設定すれば良いの??

 

圧力はどれくらいに調整すれば良いの!?!?

スマイルキュートの圧力は、0~100kpaまでで調整可能です。

 

ネットで圧力に関して検索してみましたが、詳しいものを見つけられず。

ひとまず、小さな吸引キットの方に記載されていた圧力の半分でスタート。

 

f:id:montana2:20160325173907j:plain

この小さな吸引キットを使用する場合は40kpa以下で使用と記載されています。

新生児と言うこともあり半分の20に設定しました!!

 

先端に指を当てるとこんなんで吸えるのかな?と言うくらいです。

このまま鼻に当てるだけでは、あまり上手には吸えません。

(使い方や鼻水を吸うコツについては次回記載しますね☆)

 

スマイルキュート。圧力調整の詳しい方法

電源を入れ、チューブを折り曲げます。

f:id:montana2:20160325174932j:plain

すると、圧力メーターがグーンと上がっていきます。

f:id:montana2:20160325173343j:plain

(写真は電源オフ時です)

この時に、圧力調整のダイヤル(LとHのダイヤル)を回して調整します。

f:id:montana2:20160325173436j:plain

この間もチューブは折り曲げたままです。

設定したい圧力のところで、針が止まるように、ダイヤルを回して合わせます。

 

調整できると、チューブを折り曲げ続けてもそれ以上の圧力には上がりません。

これが確認できれば完了です。

次回から、この圧力に設定されている為、圧力はこの数値以上にはなりません。

 

ただ!!

持ち運んだりした際に、知らず知らずダイヤルに当たっていたからなのか、、

使用前に確認すると突然80くらいまで上がったことがあります 汗。

 

毎回、使用する前にチューブを折り曲げて確認すると良いと思います。

 

圧力調整。どれくらいに設定すれば良いか耳鼻科で聞いてみました!

耳鼻科の先生曰く、、

耳鼻科で使用している機械と家庭用ではやはり圧力の差があり、

機械に応じて設定値は違うようです。。

 

赤ちゃんの場合、それぞれの機械に設定されている圧力の半分~それ以下

で使用すれば大丈夫でしょう。とのことでした。

ご参考までに・・・

 

圧力設定も完了!

なのにーーーーーーー。。

なかなか上手く吸えない・・・

まだスマイルキュートの実力を目の当たりにしていない方は・・・

 

スマイルキュートの使い方、徹底解説!!

私が実際に、数ヶ月毎日使用して感じたことやポイントをお伝えしています。


プロに聞いたコツ!!

耳鼻科の先生に教えてもらった鼻水吸引のポイントをお伝えします。

mamanokininaru.hatenablog.com

 

以上、ママの気になる!日々。