ママの気になる!日々。

新米ママmontanaは、気になることがいっぱい!そんな日常生活の気になる!を自分なりに解決して日々過ごしています。そんな気になる!が、どこかの誰かに届くと良いなと思っています。

おむつかぶれの悪化を防ぐ救世主。あったかいdeシュ!使用感とその特徴。

おむつかぶれの救世主!?!?

f:id:montana2:20160401141256j:plain

我が家の赤ちゃんのおしりにできた赤いポツポツ。

 

なんとか面倒くさがりママの私でも続けられる対策はないかと

たどり着いたのが、おむつかぶれの救世主!

あったかいdeシュ!

 

その使い方や、実際に使ってみての使用感についてお伝えします。

 

 

あったかいdeシュ!とは??

f:id:montana2:20160401142536j:plain

このネーミングの通り、適温の温水をシュっと吹きかけることができます。

 

本体の霧吹きボトルに水を入れ、

容器にセットし電源を入れておくと温水状態を保つことができます。

 

あったかいdeシュ。その使い方

・霧吹きで温水をかける

 

一言で言うと、これです。笑

 

おしっこやうんちのおむつ替えをする際に、

霧吹きで温水をシュシュっとかけ、ティッシュで水分を拭き取ります。

乾燥したらおむつをつけます。

 

おしっこの際はそのまま吹きかけ、

うんちの際は、おしり拭きで軽く拭き取った後に吹きかけます。

うんちが少し付着している状態なら、

おしり拭きでの拭き取りなしでも

吹きかける回数を増やせばきれいに流れ落ちます。

 

新生児や月齢の低い赤ちゃんの

ドロドロうんちは本当にスルッと落ちます。

 

使用のポイント

最初の一吹きは、スプレーの管に残っている冷たい水が

シュシュっと出てしまう為

何度かスプレーした後、おしりに使用します。

 

私は、おむつを開き(テープタイプなので、テープを外して広げた状態)

使用していた方のおむつに吹きかけています。

おむつは水分を吸収してくれるので問題なく吹きかけることができます。

 

あまり離れたところから赤ちゃんのおしりに吹きかけると

周りにも水が飛び散ってしまう為、

おむつと離しすぎないようにします。

 

この霧吹きボトルの特徴

f:id:montana2:20160401144530j:plain

よく販売されている霧吹きとの違いは、

スプレーの管の先に重りがついているところです。

 

f:id:montana2:20160401144632j:plain

この重りのおかげで、容器を傾けてスプレーする時でも

管の先端が容器の下側(水のある方)を向きます。

 

中の水が少なくても、傾けてもシュシュっと水が出ます。

 

なくなりかけのシャンプーを

何度もシュポシュポするときのようなイライラはありません。

ストレスフリーです笑

 

実際に使用して良かった点

・温水を常備できることでおむつ替えの際に毎回使用できる

・毎回お湯を用意する手間が省ける

・おしり拭きの使用頻度が減る

・上記のような手間が省かれている為、毎回頑張れる!

 

ペットボトルシャワーではついついサボりがちになってしまいましたが、

ベビーベットの傍にセットしておくことで

手間なく毎回使用することができました。

 

数ヶ月使用して感じましたが、

おしりふきの使用頻度が減っています。

結果的にコスト削減にも繋がったと思います。

 

何より、赤ちゃんのポツポツ再発を防ぐことができました!

毎回おしりを洗ってあげる、

このひと手間を継続することが大切だと感じました。

 

我が家では生後しばらく経ってからの購入でしたが、

それでも元は取れたかな、というくらい毎日使用しています。

 

救世主のおかげで、おむつかぶれの悪化を防ぐことができています。

生まれてすぐから使用してあげたかったです。

 

新生児や赤ちゃんのお肌への負担を軽減できると思います。

おむつかぶれに悩まれている方の参考になれば嬉しいです。

 

 

 以上、ママの気になる!日々。