ママの気になる!日々。

新米ママmontanaは、気になることがいっぱい!そんな日常生活の気になる!を自分なりに解決して日々過ごしています。そんな気になる!が、どこかの誰かに届くと良いなと思っています。

赤ちゃんの湿疹対策。まとめ①肌のバリア機能を知る!

知っていますか??肌本来のチカラ。

f:id:montana2:20160420074154j:plain

 

赤ちゃんの湿疹問題に悩み始め、試行錯誤で色んな対策を行なってきました。

 

おー!!

あちゃーー汗。。

 

良いも悪いもありましたが、

どう対応すれば良いか全くわからなかった湿疹問題に

ようやく明るい兆しを見つけることができました笑。

 

湿疹が出たらこうする!

 

と、自分の中ではっきり決まったことで悩む時間も減りました。

もちろん、赤ちゃんの湿疹も改善し、一安心です。

 

悪いイメージしかなかったステロイド剤も、

適切な方法で使用することが湿疹の改善に繫がることを学びました。

 

我が家の赤ちゃんの湿疹と格闘し、色々と調べ経験しながら

赤ちゃんのお肌のこと

ステロイド剤の使用のこと

等、混乱していた頭を整理しつつ、、笑

理解できたことをまとめたいと思います。

 

まずは、赤ちゃんのお肌について。

 

赤ちゃんの肌の特徴

・皮膚が薄く乾燥しやすい

一生のうちで一番乾燥しやすい時期と言われています。

皮脂量が一番少なく、

特に生後二ヶ月頃から急激に肌の乾燥が進むようです。

 

肌のバリア機能について

・肌本来のチカラ

人間の肌には、空気中のウイルスや雑菌、

アレルゲンなどから体を守る働きが備わっています。

 

・バリア機能

皮膚の一番表面にある角質。

この角質が、肌の水分を保ち、外部からの異物の侵入を防ぐ役割があります。

これが皮膚のバリア機能と呼ばれるものです。

 

バリア機能が壊れる要因

・乾燥

とにかく、この乾燥は危険要因。

 

皮膚が乾燥すると、角質に小さなひび割れができ、

肌にある水分が蒸発しやすくなります。

また、外部からの異物(有害物質やアレルゲン等)が侵入してきます。

 

肌のバリア機能を守るには??

・清潔に保つ

・保湿

壊れる要因である乾燥を防ぐ為に、清潔に保ち、保湿をする!

これが重要です。

 

赤ちゃんは新陳代謝が活発で、汗をよくかきます。

我が家の赤ちゃんのように、

よだれや、母乳・ミルクが付着していることも多々あると思います。

 

こまめに拭き、清潔を保ってあげてくださいね。

その後の保湿も忘れずに!!

我が家では、プロペト(ワセリン)を塗っています。

プロペトには水分を保持する作用があります。

 

一日に何回塗るんだ、、と言うくらい、

プロペトを塗り、保湿を心がけています。

 

塗った直後はベタベタのテカテカ 苦笑。

直後のこのベタベタが気になっていましたが、

乾燥しがちな我が家の赤ちゃんは、ほどなく肌に馴染んでいます。

 

 

 

肌のバリア機能のチカラ

・生後数ヶ月の湿疹の予防が、その後のアレルギー予防に繫がる

かかりつけの小児科の先生に教えて頂きました。

上記にも記載しましたが、

保湿を心がけ、皮膚のバリアを保つことで、

外部からの異物の侵入を防ぎます。

この異物の侵入が、他のアレルギーの原因になる可能性があるようです。

※後日、ステロイド剤使用のまとめで詳しく記載しますね。

 

赤ちゃんの湿疹対策!まとめ

・とにかく保湿を!!!

赤ちゃんのデリケートなお肌を守る為、

とにかく保湿を心がけることが重要です。

 

お風呂上がりだけでなく

授乳後やよだれを拭いた後、

肌の乾燥が気になる時など、その都度保湿してあげてくださいね。

 

湿疹予防に繋がります。

 

 

まとめを書くことで、私の頭の中も整理することができました笑

できてしまった湿疹への対応は、次回まとめたいと思います。

 

以上、ママの気になる!日々。