ママの気になる!日々。

新米ママmontanaは、気になることがいっぱい!そんな日常生活の気になる!を自分なりに解決して日々過ごしています。そんな気になる!が、どこかの誰かに届くと良いなと思っています。

賃貸でもできるトイレの床の張替え。不器用な私の簡単じゃなかったDIY 

それでも朝はやってくる

f:id:montana2:20160524152323j:plain

 昨夜取り掛かったトイレの床問題。

ずーっと気になっていたこの床問題。

 

まだもう少し先になりますが、今後、

我が家の赤ちゃんがトイレトレーニングを始めるまでには

なんとかしたい!とずっと思っていました。

この現状のトイレでトイレトレーニングを始めると

私の気持ちがもたない・・・

それくらいトイレの床の現状に嫌気がさしていました。苦笑

 

築30年になる我が家の賃貸マンションは、

ご想像通り、色んなところに古さが出ています涙。

トイレの床は特に・・・

 

この現状を打破する為にも、色んな方のブログを見て勉強。

みんな最近流行りの簡単DIYとして、

トイレ床のクッションフロアの張替えを行なっているようでした。

 

簡単DIY・・・簡単じゃないDIYになるだろうな・・・苦笑

でも、頑張ってみようかな・・・

クッションフロアの張替えを決意!!

 

 ですが、私は驚くほどの不器用。自分、不器用ですから。

 

自分でも重々承知しているので、

何度も色んな方のブログで勉強、作業前にイメトレ・・・

それでも、ものすごい労力を要すると覚悟はしていました。

 

案の定。

途中で、こんなもの捨ててやるーーー涙

そんな気持ちで深夜1時、放心状態に 笑。

四時間かかり作業を終えて、と言うより終わりにした!

と言う感じです。苦笑

 

そんな、簡単じゃなかったトイレの床DIYについて書きますね。笑

二回にわたり、お伝えしたいと思います。

今回は下準備、必要なものから。

 

私と同じ不器用な誰かに・・・

こんな感じの仕上がりでもなんとか出来上がったよ、と。

不器用DIYの希望の光になりますように・・・笑

 

 

クッションフロア張替えに必要なものを買いに行く

クッションフロア

両面テープ

シーリングテープ(マスキングテープ)

シリコンシーラント(必要ない方がほとんどかもしれません。後で詳しく記載しますね。)

 

全てコーナンで買い揃えました。

クッションフロア

f:id:montana2:20160520085412j:plain

トイレのサイズに合わせて、購入します。

コーナンでは横幅91cmと182cmの二種類が売っていました。

横幅が91cmのものを購入しました。

1mあたり¥748と、わりと安いと思います。

 

長さは10cm単位で切り売りしてくれます。

2mだと余るな~と思っていたので、

10cm単位でカットしてくれるのはありがたかったです。

節約にもなりました。

 

ネットでも色々なデザインのクッションフロアが売っています。

お好きなデザインに出会えると良いですね。

こちらは、1mあたり¥740です。

カラー違いやデザイン違いの取り扱いもあるようですね。

 

両面テープ

クッションフロアを売っているコーナーに、クッションフロアよう両面テープが売っていました。幅が太く、粘着力が強かったです。価格も5mで¥288でした。

 

シーリングテープ

賃貸でクッションフロアの張替えを考えている方には必須アイテムです。

床にそのまま貼ると、引っ越す際に剥がすのが大変です。

そこで、このシーリングテープを床に貼り、その上に両面テープを使用します。

 

私が勉強して買おうと思っていたのは、マスキングテープです。

このマスキングテープの横に売っていたのが

見た目がほとんど同じのシーリングテープ。

シーリングテープの方が太い幅のものが売っていたので、

これでも良いのかな?と、違いを調べてみました。

 

元々、シーリング用マスキングテープと呼ばれ、

シーリング用というのが、剥がすために貼るテープだそうです。

マスキングテープも本来剥がす為に使われるそうですが、

粘着力の強いものが多いようです。

 

最終的に剥がした際、糊残りの少ないものを選びたいですよね。

シーリング・マスキングテープどちらにおいても

シーリング用と塗装用だと、シーリング用の方が粘着力が弱いようです。

 

シリコンシーラント

f:id:montana2:20160520091628p:plain ¥380

便器とクッションフロアの隙間を埋めるのに使用します。

使用後、ジェルのようなものが固まり隙間を埋めることができます。

 

クッションフロアや便器の色に合わせて選ぶと◎!

私は透明を購入しましたが、グレーやウッド調のものなど数種類ありました。

私は、お風呂用の防カビ剤入りのバスシールと言うものを購入。

 

このシリコンシーラントで隙間を埋めるという工程は、

新築のトイレや新しいトイレではほとんど使用しないようです。

我が家のように、古いトイレで既に貼ってあるクッションフロアを剥がせない場合や

私のようにものすごく不器用な方は、

(私は隙間なく上手に貼れないことを前提に買いました・・・笑)

隙間を埋めたほうが後々のことを考えると良いかもしれません。

 

隙間から、おしっこや水分がクッションフロアの下に染みてしまうと

カビの発生や匂いの原因になります。

 

見た目的には、使用せずにクッションフロアをきちっと貼る方が綺麗です。

 

 

張替えの前にしておくこと

トイレの床を片付ける

トイレの床を掃除する

 

掃除道具等、何気に置いてあるものが多いのではないでしょうか?

全てトイレから出し、床に何もない状態にします。

 

床掃除も念入りに。

ゴミや埃をできるだけゼロに近づけておいてくださいね。

 

ここまでくれば、いよいよ張替えに取り掛かります。

 

次回、簡単じゃなかったDIY・・・

不器用ポイントを含めてお伝えしたいと思います。笑


私のように不器用な方や、なんとなく仕上がればOK!

と言う方・・・ぜひ、目を通してみてくださいね。笑

 

以上、ママの気になる!日々。