ママの気になる!日々。

新米ママmontanaは、気になることがいっぱい!そんな日常生活の気になる!を自分なりに解決して日々過ごしています。そんな気になる!が、どこかの誰かに届くと良いなと思っています。

【保存版】赤ちゃん・幼児の日常で起きやすい怪我や鼻血。応急手当と緊急時の対応について。覚えておく三つのこと

やってこないでほしい・・・いざという時。

f:id:montana2:20160804172932j:plain

これまで、緊急時の対応や応急手当について何度も研修を受けてきました。

しかし、先日、赤ちゃんと二人の時に突然訪れた・・・いざという時。

やはり慌ててしまいました。

 

少しの記憶のおかげで何とか対応できたという状況でした。

この機会に、日常でよく起こりうる様々な怪我の応急処置について

お伝えしたいと思います。

 

簡単な応急処置はなんとなくわかっているよ~!

という方も多いと思いますので、その再確認にもなればと思います。

 

緊急時は、何の前触れもなく、突然やってきます・・・!!

私のように焦らないように、ぜひ参考にしてくださいね。

少しの記憶が、慌てている自分を助けてくれると思います。

 

 

日常で起こりうる怪我

見た目で判断できるもの

①擦り傷・切り傷

②鼻血

③虫刺され

④火傷

⑤とげが刺さる

⑥噛みつき・引っかき傷

⑦指や爪の怪我

 

見た目で判断しにくいもの

⑧頭をぶつける

⑨打撲

⑩捻挫・脱臼

⑪骨折

 

異物など

⑫誤飲・のどに詰めた

⑬目に当たる・異物

⑭鼻や耳に異物 

 

少し例を挙げるだけで、びっくりするくらい多くの怪我がありますね。

普通に生活していて、こんなにも怪我の可能性があると思うとゾッとします。

 

それでなくても心配性の為、

怪我をした想像をするだけで少し血の気が引く思いです。苦笑

 

でも、成長するにつれ、多少の怪我は仕方ない!

と、今から自分に言い聞かせています。笑

 

笑って済ませられるくらいの怪我で済むことを願いながら・・・

上記の14の場合についてお伝えしたいと思います。

 

1:擦り傷・切り傷

応急手当

①傷口を流水で洗い、泥やごみを落とす。

②傷口が開かないように、必要であれば傷パットで覆う。

③出血があれば、清潔なガーゼ等で抑えて圧迫する。

 

緊急時の目安

受診・・・ひどく痛がる・傷口の異物が取れない場合など

救急車・・・出血が止まらない

 

2:鼻血

応急手当

①前かがみにし、小鼻を両側からつまむ

 出血が止まるのをそのままの姿勢で待つ

②止まらなければ、脱脂綿を固く丸めて詰める。

※この時、奥まで詰めすぎないように注意してくださいね。

③濡れタオルで冷やす

④口の中の血は吐き出す

※首の後ろは叩かない

 横になる時は、出ている方の鼻を下にする

 

幼児は血を見てびっくりしてしまうかもしれませんが、

ママは慌てずに安心させてあげてくださいね。

 

緊急時の目安

受診・・・出血が10分以上止まらない場合

 

私も小学生の頃、学校で鼻血を出し出血が止まらず

そのまま受診した記憶があります。

耳鼻科で出血している方の鼻を焼いてもらいました。

 

3:虫刺され

応急手当

①流水で冷やす

②絆創膏を貼ると、掻き壊してしまうのを防ぐことができる

 

ベビームヒ等、掻いてしまう前にお薬を塗るのも良いと思います。

 

①針を抜く(消毒した毛抜き等を使用する)

②刺された箇所の周りを指で押し、毒を絞り出す

③流水で洗う

④ショック状態がないか様子を観察する

 

毛虫

①刺された箇所を流水で洗い流し、粘着テープ等で残っている毛を取る

②痒いときは冷やす

 

緊急時の目安

受診・・・赤く腫れ、痛がる・大量に刺された場合・蜂に刺された場合

救急車・・・顔色が真っ青である・嘔吐・意識不明

 

4:火傷

応急手当

①冷たい水で冷やす

②水疱はガーゼで覆い、潰さないようにする

※服の上から火傷した場合は、服の上から冷やす

 (皮が剥がれてしまわないようにする為)

緊急時の目安

受診・・・皮膚が白く、皮がむけている・水疱ができた

    低温火傷の場合・衣類がくっついている場合

 

救急車・・・火傷の箇所が広い場合(10%以上と言われています)

 

10%と言われても、突然の出来事で考える余裕もないと思います。

 

参考までに・・・

乳児の場合、片方の手足のどちらかだけの火傷でも10%になるようです。

幼児の場合は、片方の手のどちらかで10%、片方の足どちらかで15%にもなるようです。

(参照:やけどケア.jp)

 

5:とげが刺さった

応急手当

①ピンセットを使い、とげを抜く

②傷口を洗い、中の汚れを出す

③必要であれば、絆創膏を貼る

※お家に救急箱を用意している方は、ピンセットを消毒して入れておくとすぐに使用できると思います。もちろん、その都度消毒して使用しても大丈夫です。

緊急時の目安

受診・・・傷口が腫れる・出血が止まらない・破傷風の予防接種を受けていない

※破傷風の予防接種??

今、この日記を書きながら破傷風って受けたかな?

これから受けるのかな?と、

我が家の赤ちゃんの接種の有無を即答できない自分がいました。苦笑

 

破傷風の予防接種は、

定期の予防接種である四種混合(または三種混合)に含まれています!!

予定通り接種されている方であれば、生後3.4ヶ月頃から1歳半までの間に三回の接種があるようです。(2014年2月現在の日本小児学会の推奨によるものです)

 

我が家の赤ちゃんは二回接種済みでした。

 

6:噛みつき・引っかき傷

応急手当

①傷口を流水で洗う

②傷がひどい場合は、絆創膏を貼る

③患部を冷やす

④止血する

 

緊急時の目安

受診・・・傷口が深い

救急車・・・出血が止まらない

 

7:指や爪の怪我

応急手当

①傷口を流水で洗う

②剥がれた爪がある場合は元に戻す

③その上からガーゼを当て、包帯を巻く

緊急時の目安

受診・・・爪が剥がれた・激しく泣く・腫れている・青黒くなっている

 

8:頭をぶつけた

応急手当

すぐに泣き、変わった様子がなければ一安心です。

①安静にして様子を見る

②出血・・・清潔なガーゼで止血

 こぶ・・・冷やす

 

その後、吐き気がなく、気分が良ければ大丈夫だと思います。

 

緊急時の目安

すぐに受診・・・

打ったところがへこんだり、ブヨブヨしている

顔色が悪い、耳や鼻から出血

二回以上の嘔吐など

 

救急車・・・

痙攣・意識不明・呼吸停止

 

※ショック状態の場合、毛布・バスタオルで体をくるみ寝かせます。

※意識無しの場合、すぐに救急車を呼び、気道を確保します。

 

9:打撲

応急手当

手足の場合

※傷があれば、流水で洗い、清潔なガーゼで傷を保護する

①患部を冷やす

 

おなかの場合

①衣服を緩め、楽な姿勢で寝かせる

 

胸の場合

①壁にもたれかける

②呼吸が楽になるようにする

 

緊急時の目安

受診・・・顔が青ざめている・ぐったりしている・激しく泣く

   打ったところが大きく腫れる・出血や黒いうんちが出る

   骨折や脱臼の疑いがある場合

 

救急車・・・意識不明・呼吸困難

 

10:捻挫・脱臼

捻挫

①患部を冷やす

②関節が動かないようにし、さらに冷やす。

 

脱臼

①脱臼箇所を確認する

②動かないように添え木をする

③患部を冷やす

 

自宅で添え木となると、なかなか難しいかもしれませんが

タオル等を使用し、とにかく動かないように固定してあげてくださいね。

 

緊急時の目安

受診・・・患部が腫れる・変形する・痛がって泣く

   腕をだらりと下ろしたまま動かせない

 

11:骨折

①傷があれば傷口を流水で洗う

②出血している場合は止血する

③患部が腫れている場合は冷やす

 

緊急時の目安

受診・・・立ち上がれない・痛がり泣き続ける・内出血・青黒く腫れる

 

12:目に当たった・異物

応急手当

①水道水で目を洗う

②軽く目を閉じ、ゴミが出てくるのを待つ

③水に目をつけ、開けたり閉じたりパチパチとする

 

緊急時の目安

受診・・・異物が取れない・化学薬品が入った

   目に傷がついている・痛くて開けられない場合

   目を突いた場合

 

救急車・・・鋭いものが刺さった場合

 

13:鼻・耳に異物

応急手当

①詰まっていない方の鼻の穴を押さえ、口を閉じる

②強めに鼻をかむ

③くしゃみをさせる

 

乳児の場合:水が入った方の耳にタオルを当て、下に向ける

      反対側の耳の辺りを軽くたたく

 

幼児の場合:水が入った方の耳を下にして顔を傾け、片足で飛び跳ねる

   

緊急時の目安   

受診・・・異物が取れない・耳垂れや出血ばある場合

 

14:誤飲・喉に詰めた

まさに、先日私が体験したことです・・・

本当に焦りました。苦笑

応急手当について詳しく書いています。

mamanokininaru.hatenablog.com

応急手当・緊急時の目安のまとめ

f:id:montana2:20160804173353j:plain

思いのほか、長くなってしまいました。笑

こんなにも多くのケガが潜んでいるんですね。

改めて実感です。

こんなにも覚えてられない!というのが正直なところです。苦笑

 

恒例の簡単まとめに入りたいと思います。笑

 

これだけは覚えておきたい応急手当

・患部や傷口が汚れている場合、流水で洗い流す

 (とげや、蜂の針が刺さっている場合は先に抜きます)

・出血している場合は止血する

・患部を冷やす

 

※とげが刺さった場合と、蜂に刺された場合、

 流水で洗う前に、とげや針を抜いてください。

 その後、流水で洗い流すようにします。

 

けがの種類がたくさんあり、応急手当もそれぞれ異なります。

しかし、異物が入った時や頭をぶつけた時以外のほとんどの怪我の場合、

上記の三つの応急手当が必要となります。

 

前回の誤飲時の時にも思いましたが、焦って何もしないよりは、

簡単にまとめた三つの応急手当だけでも良いので、

記憶の片隅から引っ張り出してきてもらえればと思います。

 

時間的余裕があれば、この日記を引っ張りだしてきてくださいね。

ケータイやパソコンにブックマーク保存しておいてもらえたら嬉しいです。

 

ケガがないことが一番ですが、起きてしまった場合に、

それ以上の悪化を防ぎ、最小限に抑えてあげられるようにしたいですよね。

この機会に応急手当の記憶を塗り替えたいと思います。笑

 

また、今回記載した受診や救急車を呼ぶ目安は、あくまでも目安です。

判断が難しい場合や、異変を感じる場合は、すぐに受診や

救急車を呼ぶ等の対応をしてください。

 

私は受診するか迷った場合は、受診するようにしています。

(中耳炎の時に大丈夫かなと自己判断するところでした・・・汗)

私のような自己判断は本当に危険だと思います。苦笑

 

受診して何もなければそれが1番なので、迷ったら受診!

数々の失敗から学びました。笑

 

以上、ママの気になる!日々。