ママの気になる!日々。

新米ママmontanaは、気になることがいっぱい!そんな日常生活の気になる!を自分なりに解決して日々過ごしています。そんな気になる!が、どこかの誰かに届くと良いなと思っています。

ベビーゲートを設置!西松屋・ベビーフェンスの設置方法

西松屋のベビーフェンスLを購入!!

賃貸の為、突っ張り棒タイプのベビーフェンスです。

赤ちゃんがガタガタしてすぐに取れないだろうか・・・

と、心配しながらの購入でした。

約一ヶ月使用した感想も率直にお伝えしたいと思います。

 

まずは、設置方法を詳しくお伝えします。

 

ベビーフェンスL 取付け可能幅130~185cm

f:id:montana2:20160927011645j:plain

こちらを購入!!

 

ふすま二枚分のスペースに設置する為、ワイドなものを希望。

 

第一希望は「日本育児の置くだけとおせんぼ」!!

だったのですが、、

設置予定のスペースには5cmの段差があることと、

設置幅が広く、置くだけとおせんぼの場合だと

数センチ動くだけで隙間ができてしまう為、断念。。

 

置くだけとおせんぼなら、来客時にはふすまスペースから、

テレビ台の前に移動させることができ、部屋を広く使いたい!

と言う要望も叶えられたのですが・・・残念です。

 

という流れで、突っ張り棒タイプに決定しました!!

 

ベビーフェンスL セット内容

・突っ張り棒A(上下に使用する長い棒)

・突っ張り棒B(左右に使用する短い棒)

・ネット

・固定ソケット

f:id:montana2:20160927012024j:plain

 

ベビーフェンスの組み立て方

①床の上でそれぞれの場所に配置する

f:id:montana2:20160927012452j:plain

※この写真では、ネットは半分に畳んだ状態です。

 実際に組み立てる時は広げて置きます。

 

ポイント

・上下の棒は左右を反対にして配置する

・上下の棒は、設置スペースより1~3cm程、長めに伸ばしておく

 

突っ張り棒A(上下に使用する長い棒)の伸ばし方

f:id:montana2:20160927013323j:plain

棒の部分を押さえながら「ちぢむ⇔のびる」の部分を回します。

 

f:id:montana2:20160927013453j:plain

このように、棒の部分を伸ばすことができます。

設置するスペースより、1~3cm程、長めになるように伸ばしておきます。

 

②突っ張り棒A(上下に使用する長い棒)をネットに通す

f:id:montana2:20160927013636j:plain

「ちぢむ⇔のびる」と書いてある方ではなく、

反対の小さい方から通すと通しやすいです。

すごく簡単に通ります。

 

上下ともに通します。

f:id:montana2:20160927013617j:plain

通したものがこちら。

 

上下の棒は、左右反対になるように通してくださいね!!

ここポイントです。

 

③突っ張り棒B(左右に使用する短い棒)をネットに通す

f:id:montana2:20160927014136j:plain

左右の棒は、上下どちらの向きになっても大丈夫です。

 

④左右の棒の丸枠に、上下の棒を差し込む

上下の棒についているちょぼが、丸枠の凹んだ部分に合うように差し込みます。

上下の棒のどちらか一つにしかちょぼはありません!

(写真撮り忘れてしまいました・・・苦笑)

少しややこしいですが、ちょぼの無い方は、ポチっと押す部分と、

丸枠の凹んだ部分を合うように差し込んでくださいね。

 

⑤設置スペースに設置する

長めに伸ばしてある為、設置箇所の壁や柱に合わせながら、

上下の棒を縮めて調整します。

 

この時、壁や柱に対して上下の棒が並行になるようにし、

床からの高さは5cm以内になるように設置します。

 

これで無事に設置完了です!!

 

設置後の正直な使用感。突っ張り棒は本当に外れないのか?

・毎日、ズレていないか点検が必要

・通る時は足が当たらないように注意が必要

・それでも期待以上!!

 

我が家の子どもはフェンスに掴まり、毎日ガタガタしていますが、

一度も外れたことはありません。

(ガタガタしないでね~と言う声は届かないようです。笑)

 

ただし、突っ張り棒が横にスライドし、

危うく外れそうになっていたことが一度あります。

また、上側の突っ張り棒を持って子どもが立つ為、

突っ張り棒の締めが緩いと、

いつの間にか全体的に何cmか下がっていることがあります。

 

・気づいた時に、突っ張り棒を延びる方向にぐるっと回し、

締める。

・下がった時は、上側の突っ張り棒を引き上げ元の位置に戻す。

この確認をすることで、問題なく使用できます!!

 

意外と手間に感じることはなく、点検できています。

(感じ方に個人差はあるかと思いますが、私はわりと面倒くさがりです笑。

外れた方が面倒だと思っているからかもしれません・・・笑)

 

さらに、我が家の場合、ふすま部分の段差5センチがプラスされている為、

足をしっかりと上げないとガンっと当たってしまいます。

通る時はこけないように、意識高めで通っています。笑

その成果あって、私はあまり当たることなく通れていますが、

意識低めな主人はわりとガンガン当たっています苦笑。

 

それでも、一度も外れたことはありません。

しっかり突っ張れている状態であれば、

動かそうと思っても動かないくらいしっかりと留まっています。

 

ガタガタすることで突っ張り棒が少しずつ緩んでくるのだと思いますが、

その緩をしっかり締めて戻すことで、

外れることなく使用できています。

 

子どもにとって安全なスペースを作ることで、

心配性の私の気持ちの負担も減りました。

この安心感は本当に大きいです!!

 

ベビーゲート設置を考えられている方の参考になれば嬉しいです。

mamanokininaru.hatenablog.com

以上、ママの気になる日々。