ママの気になる!日々。

新米ママmontanaは、気になることがいっぱい!そんな日常生活の気になる!を自分なりに解決して日々過ごしています。そんな気になる!が、どこかの誰かに届くと良いなと思っています。

【意外と理解できていない!?】授乳中でも飲める市販薬・処方薬の落とし穴!認識の違いに注意!!

多面的に見るとは、こういうこと??

f:id:montana2:20161122155422j:plain

風邪のひき始め・・・

病院へ行くほどではないが、授乳中で薬は飲めないし・・・

と、悩まれる方も多いのではないでしょうか。

 

先日。

私も風邪をひいて寝込んでしまいました。

出産後、初めての発熱です。

 

今回、病院の先生・薬剤師さんに話を聞き、

「授乳中でも飲める薬」について、以前より正しく理解できたように思います。

 

知っていてわかっているつもりだったことが、専門家の話を聞き、

少し角度を変えてみると・・・

大きな落とし穴だったと感じました。

 

授乳中でも飲める市販薬・処方薬の落とし穴についてお伝えします。

 

授乳中でも飲める市販薬・処方薬の落とし穴!!医師との捉え方の違いに注意!!

私が思っていた授乳中でも飲める市販薬・処方薬と、

医師が飲めると処方してくれる薬には、少し捉え方に違いがあるように思います。

 

この差が落とし穴となっているのです!!

 

実際は、どちらも「授乳中でも飲める薬」のことを言っていますが、

この捉え方の違いを理解しておかないと、

それなら飲みたくなかった・・・となってしまうかもしれません。

 

もし、私と同じように、できるなら飲みたくないと考えられている方は、

この差をきちんと理解しておく必要があると思います。

特に新生児や月齢の低い赤ちゃんの場合は、理解しておくと安心だと思います。

 

(薬の服用の善し悪しということではなく、あくまでも認識の差についてお伝えしますね。)

 

授乳中でも飲める薬の認識の違い

f:id:montana2:20161122171038j:plain

私が思っていた授乳中でも飲める薬の認識

・授乳中でも安心して飲める

 

医師の処方による授乳中でも飲める薬の実態

・授乳中に飲んではいけない成分が入っていない

・子どもでも飲める成分でできているもの(を選んで処方してくれる場合もある)

 

一瞬、両者の違いには気づかないのではないでしょうか?

どちらも授乳中でも飲める薬のことです。

 

今回、受診時に授乳中であることを相談し、

授乳中でも飲める薬を処方しておくね。

と、二種類の薬を処方してもらい薬局へ・・・

(薬については、また後日記載しますね。)

一刻も早く薬を飲んで症状を抑えたい・・・

そんな風に考えていました。

 

しかし・・・

薬局で薬剤師さんの話を聞くうちに、

この両者の違いに気づくことになりました。

 

薬剤師さん曰く、

・飲むのであれば、授乳の間隔をあけ

飲んだ後の最初のおっぱいは捨てた方が良い。

(薬により授乳を控える間隔に差があります)

・今回の私のように単なる風邪で高熱(38度以上)が出ていない場合、

授乳を優先するのであれば、できるなら、どちらの薬も飲まない方が良い。

 

と、言うことでした。

 

授乳中でも飲める薬。落とし穴はここ!!

・授乳中に飲める薬の基本は「授乳中に飲んではいけない成分が入っていない」

・子どもにも使用する成分なので安心!とはいかない・・・これにも注意が必要

・ほとんどの薬剤成分は、微量ながらも血液から母乳へと移行する

 

薬剤師さんに聞いたことをまとめると、

授乳中でも飲めると処方される薬には、上記のようなことが当てはまります。

 

授乳中でも飲めるものを処方してもらっているから、安全に飲める!

授乳を控える必要がない!

と言う認識が間違っていたのです。

 

まさに、目からウロコでした。

 

ただし!!

医師の処方による薬が安全でない、ということではありません!!

(誤解を招かないようにお願いします・・・)

授乳中に薬を飲む・飲まないどちらが良いということでもありません。

 

飲む・飲まないを考える基準として、理解しておくと

飲めば良かった・・・

飲まなければ良かった・・・

と言う事態を避けられるのでは!?

と言うことを、お伝えしたいです。

 

授乳中に飲んではいけない成分が含まれていない

これが、授乳中に飲める薬の絶対条件です。

飲んではいけない成分は、

赤ちゃんが母乳から摂取してしまうことで、交感神経への刺激や、

赤ちゃんの骨や歯の発育に影響を与えることが判明しているようです。

 

子どもに使用する成分なので安心!?注意が必要なのは、なぜ?

今回、私が処方してもらった鼻水を止める抗アレルギー薬は、

七歳から飲むことができるそうです。

間違いなく、子どもに使用する成分です。

ただし、授乳中の赤ちゃんは、ほとんど七歳未満・・・ですよね??

 

薬剤師さんは、

「授乳中の方が薬を服用し、赤ちゃんに影響が出るか?」

と言う実験はできないので、おそらく大丈夫と言うことしか言えないんです。

と、教えてくれました。

確かにそうですよね。

 

もう1つ処方してもらった薬は、抗生物質でした。

 

これも、小さな子どもにも処方する薬のようでしたが、

同じような理由で注意が必要でした。

また、抗生物質は一度飲み続けると出された期間は飲み続けなければいけないので、

(私の場合は5日間)

このことも、よく踏まえたうえで検討するようにと教えてくれました。

 

ほとんどの薬剤成分は、微量ながらも血液から母乳へと移行する

これが、今回一番ハッ・・・と気づかされたことです。

そうなんです。

ほとんどの成分が血液を通じて、母乳へと移行するのです。

 

授乳中でも飲める薬を処方してもらえれば安心!

と、一番肝心なことを忘れてしまっていたように思います。

 

母乳へと移行することに、変わりはないのです。

飲んではいけない成分ではなくても、母乳には含まれます。

 

先ほど挙げた、処方してもらった抗アレルギー薬。

抗生物質。

どちらも、授乳中でも飲める薬の絶対条件は満たしています。

 

しかし、服用すると微量ながらも母乳には含まれます。

この点を理解しているのと、していないのでは大きな差があるなと感じました。

 

なぜ、この落とし穴を理解しておく必要があるのか?

・ほとんどの薬剤成分は血液を介して、母乳へと移行することを認識する

・授乳中でも飲める薬が、100%安全が確率されたものではないことを知る

 

二つ目は極端な表現です。

何度もお伝えしていますが、薬を飲むことが良くないことではありません。

市販薬・処方薬が安全ではないということでもありません。

 

担当してくれた薬剤師さんは、

我が家の子どもはもう1歳を迎えている為、ほとんど影響はないと思いますが

薬を飲んで授乳し、蕁麻疹等何らかの副作用が出てしまった場合、

お母さんの気持ちとしてショックではないか・・・

と言うことを話してくれました。

 

この落とし穴を理解しておくことで、

不必要にこのような事態を招くことを防げるのではないか。

と思うからです。

 

今回、私は抗生物質の服用はせず、

抗アレルギー薬を一度服用しました。

服用後六時間あけ、母乳を一度捨ててから授乳しました。

 

これで母乳への移行を防げたのかどうかはわかりませんが、

納得したうえで服用を決めました。

 

解熱剤は3回服用しました。

(これは市販薬です。詳しくは後日記載しますね)

 

もし、薬剤師さんの話を聞くことなく薬をもらっていたら・・・

きっと、すぐに薬を服用し、

授乳中でも飲める薬だから・・・と、

いつもと変わらない間隔で授乳を続けていたと思います。

 

新生児や、月齢の低い赤ちゃんの場合、

注意が必要なことも多いと思います。

この落とし穴を理解して、慎重に判断して頂ければと思います。

 

今回の私と同じで、単なる風邪等で薬の服用が絶対でない場合・・・

授乳を続けるにしても、控えるにしても、

こうしたい!と言うママの気持ちも踏まえ、

よく考えたうえで決めることが、一番良いのではないでしょうか。

 

以上、ママの気になる!日々。