ママの気になる!日々。

新米ママmontanaは、気になることがいっぱい!そんな日常生活の気になる!を自分なりに解決して日々過ごしています。そんな気になる!が、どこかの誰かに届くと良いなと思っています。

授乳中の風邪・発熱【服用時の注意点】市販薬タイレノールA、処方薬アレグラとフロモックス

健康第一です。

f:id:montana2:20161124161644j:plain

授乳中は薬を飲めない!

と、一般的にはこの考えが広まっていると思います。

また、授乳中に飲める薬であっても、できるなら飲みたくない・・・と、

考えている方が多いのではないでしょうか。

私もその一人でした。

 

しかし、症状が悪化するにつれ・・・

飲める薬があるなら、飲んで早く治したい・・・と思うようになりました。

 

そこで。

今回は私が処方してもらった処方薬と、購入した市販薬についてお伝えします。

 

 

そもそも薬を服用するとどうなるのか?

・体内で吸収され、全身へと巡る

一般的に内服薬に含まれる薬剤成分は、消化管から吸収され肝臓を経て、

血液を通じて全身を巡ります。

 

内服した薬が母乳へ移行してしまう理由が、ここにあるのです。

母乳は血液から作られることから、薬の成分が母乳へと移行するのです。

 

風邪をひいた時・・・授乳中でも飲める市販薬・処方薬はあるの

・結論からいうと、あります!

授乳中に飲んではいけない成分を含んでいなければ服用することができます。

ただし、病状や、赤ちゃんの月齢・アレルギー等の状況にもより、

素人判断は難しい為、医師・薬剤師の指示を仰ぐことが一番だと思います。

 

今回私は、市販薬と処方薬どちらも手にすることになりました。

 

※病院で処方してもらう際の注意点

病院によっては、授乳中であることを重視してくれず、

通常の薬を処方し、服用期間は授乳を控えてください・・・

と、いうところもあります。

受診前に、授乳中でも飲める薬を処方してもらえるかどうかを確認しておくと

確実だと思います。

診察後に、授乳を控えてください・・・と急に言われ、

考える間もなく、授乳を控えることになった。と言うママも多いようです。

 

薬の服用を考えられている方は、

「授乳中でも飲める薬」の落とし穴も参考にしてみてくださいね。

mamanokininaru.hatenablog.com

 

タイレノールA(授乳中でも飲める風邪の市販薬)

タイレノールA

熱が上がってきた夜に、薬局で購入してきてもらったものです。

事前に授乳中でも飲める薬を調べ、薬剤師さんにも確認してもらっての購入です。

 

この時、主人が薬剤師さんに教えてもらった内容は・・・

・授乳中でも飲める市販薬は、大抵が解熱剤である

ということでした。

(※薬に詳しくないことと、他の薬剤師さんに確認したわけではないので、

事実と異なっていたらすいません。)

 

タイレノールAの成分

f:id:montana2:20161124150201j:plain

成分:アセトアミノフェン300mg(1錠中)

 

上記の写真はタイレノールAの箱の成分表示部分です。

アセトアミノフェンという成分でできています。

 

アセトアミノフェンは授乳中に飲んでも大丈夫?

このアセトアミノフェンは、新生児にも使用することから、

授乳中でも服用することができます。

 

診察時に、自宅でこれを飲みました。

と、提示。

お医者さんが成分を確認し、

このアセトアミノフェンを処方するつもりだったので、

熱が上がった際はこれを使用してください。

と、言ってくれました!

(1錠しか使用していなかったので、良心的な対応に感謝です。笑)

 

 

フロモックス錠100mg(風邪で受診し、処方してもらった薬)

フロモックス錠100mg

 フロモックス錠は抗生物質です。

その為、診察の時にも、薬の服用を悩むのであれば、

この抗生物質は飲まなくても大丈夫、とのことでした。

 

なぜ、飲まなくても大丈夫だったのか?

診察時はなんとなく、わかりました。と、聞いていたのですが、

調剤薬局で薬剤師さんの薬を聞いて理解できました。(遅いです・・・苦笑)

 

薬剤師さんの話を簡単にまとめると・・・

・抗生物質は、直接風邪を治療する為の薬ではない

・免疫が低下している時、他の細菌への感染を防ぐ為に服用する

 

食欲もなく高熱が続き、免疫が低下し肺炎の恐れがある・・・

等の場合は、抗生物質の服用が必要。

 

今回の私の場合、

食欲はモリモリ・・・笑

受診時は38度以下の微熱。

授乳中で薬の服用を極力避けたいということから、

今すぐ飲む必要はない、と教えてもらいました。

 

薬の有効期限も長く、今回急を要することがなければ自宅保管し、

次回何かで受診する際に病院へ持参してください。とのことでした。

 

アレグラ錠60mg(風邪で受診し、処方してもらった薬)

アレグラ錠60mg

・抗アレルギー薬

・鼻水を抑える為に処方された

 

抗アレルギー薬のアレグラ・・・??

どこかで聞いたような・・・気がしませんか??笑

 

そうです。

花粉症の時期によくCMで流れているアレグラFX!!!

(嵐の大野くんが出演しているCMです。笑)

 

アレグラFXの公式サイトによると、

処方薬のアレグラ錠60mgと同じ成分だそうです。

ただし!!

処方薬のアレグラ錠60mgと、アレグラFXは、

使用できる年齢や、外形、効能・効果の範囲が異なるようです。

 

アレグラ錠60mgを授乳中に飲む際の注意点

・アレグラ錠は七歳から使用できる薬

・授乳間隔を空ける

 

アレグラ錠は七歳から使用できる

授乳中の赤ちゃんはほとんどが七歳未満であることから、

この薬を服用できる年齢には達していません。

ただし、これは薬をそのまま服用する場合ですのでご注意くださいね。

詳細は前回記載しています。

【意外と理解できていない!?】授乳中でも飲める市販薬・処方薬の落とし穴!認識の違いに注意!! - ママの気になる!日々。

 

授乳間隔を空ける

・アレグラ錠60mgは一日2回処方

・最大の効果を発揮するのは服用後5~6時間

 

一日2回処方ということで、約12時間効果があるとなっているそうです。

しかし、実際は、最大の効果を発揮するのは服用後5~6時間。

8時間以降は、効果は下降していくそうです。

 

その為、服用後の授乳は、

5~6時間は間隔を空けることが望ましいそうです。

 

もちろん、母乳へは移行します。

一度、母乳を捨ててから授乳する方が良いと言われたのは、

この理由からです。

 

私は鼻水が辛すぎた為、アレグラ錠を1錠服用しました。

5~6時間を経過した辺りから、落ち着いていた鼻水が再開されたので

効果が薄れてきたのかな~と感じました。

 

丁度授乳したいタイミングだったので、

母乳を少し捨て、授乳しました。

(母乳を捨てるってどのくらい捨てるんだろう・・・と疑問を抱きつつ・・・苦笑)

 

余談ですが・・・

月齢の低い時期に、搾乳を試みた結果、あまりの搾れなさに愕然として以来、

久々の搾乳でしたが、、

前回よりは軽々と搾乳することができました。

 

冷凍母乳を考えている方は、再挑戦もありかもしれません!笑

 

再度余談・・・解熱剤服用のタイミングについて

・38度以上の発熱があれば服用する

 

これが、解熱剤服用のタイミングです。

発熱しているということは、体内で風邪の菌と戦っているということです。

その為、発熱が低い段階で服用してしまうと、

風邪の菌を完全にやっつけることができず、長引いてしまうそうです。

 

単なる風邪の場合は、一度ぐっと体温を上げてしまう方が、治りが早いようです。

 

今回の風邪を長引かせてしまったのは、私の判断ミスも大きな要因だと思います。苦笑

受診前夜、熱が上がってきたことで38度に達する前に市販薬のタイレノールを服用しました。

一度熱が下がったものの、結局昼前から再度発熱。

受診することとなりました・・・

 

今回の風邪で感じたこと

授乳中の薬の服用は、正しく理解することで

飲めば良かった・・・

飲まなければ良かった・・・

ということを、防ぐことができます。

 

今回の発熱で、ママが倒れると色んなところへ影響が出るな~と痛感しました。

正しい知識で、早く回復することが一番ですね。

誰にも伝染ることなく、今回の風邪が終焉し、一安心しています。

 

何より、普段から健康を心がけようと強く思いました・・・

寒くなってきましたが、皆さんも風邪には気をつけてくださいね。

(説得力があるのか・・・ないのか・・・笑)

 

以上、ママの気になる!日々。