ママの気になる!日々。

新米ママmontanaは、気になることがいっぱい!そんな日常生活の気になる!を自分なりに解決して日々過ごしています。そんな気になる!が、どこかの誰かに届くと良いなと思っています。

2歳目前の突発性発疹!典型的な症状と異なる場合も・・・!

高熱?発疹?

f:id:montana2:20170721150926j:plain

我が子の先日の発熱は、突発性発疹によるものだったようです。

しかし、一般的に言われている症状と異なる点が多かったです。

 

今回の突発性発疹の症状と、過程をお伝えします。

 

典型的な突発性発疹の症状に当てはまらない場合でも、

その可能性がある!ということです。

 

突発性発疹の可能性を疑いつつ、どこか違う・・・?

と、発熱や発疹に悩まれている方も多いのではないかと思います。

 

突発性発疹の典型的な症状

・急な高熱が3~4日続く

・発熱以外の症状が見られない

・熱が下がり、翌日頃までに発疹が出る

一般的には上記のような症状が突発性発疹の症状として挙げられます。

熱が高く、3日~4日続くことも多いようです。解熱後、その日か翌日には発疹が表れると言われています。また、発熱時に熱性けいれんを起こす場合もある為、注意が必要です。

正確に確定するには、血液検査で抗体があるかどうか調べることが必要ですが、通常は解熱後の発疹をもって突発性発疹と診断されるようです。

 

今回の突発性発疹の過程

・急な高熱

・発熱以外の症状はない

・高熱が一晩続く

・翌日の午前中に熱が下がり、それ以降の発熱はない

・2日後にうっすらと発疹、その後広がる

急な発熱(39℃以上の高熱)があり、すぐに小児科を受診。

発熱以外の症状が見られないことから、突発性発疹の可能性があるとのことでした。

 

典型的な症状と今回の違い

・発熱期間が短かった

・発疹の出る時期が遅い

一般的に言われている発熱期間(3日~4日)よりも短く、一晩で熱が下がりました。

夕方頃から再度発熱するかな?と思っていましたが、その後、熱が上がることはありませんでした。

発熱で受診した翌々日。小児科の先生が電話をくれ、一晩で熱が下がったことを伝えると、この時点で発疹も出ていなかったこともあり、「今日の夜に熱が出なければ、突発性発疹ではなく夏風邪かな?」ということでした。(休日にも関わらず電話を下さり、本当に有り難いです!)

 

しかし、この翌朝、まさかの発疹が・・・足の付け根にうっすらと!

熱が下がってから丸2日後でした。その後、少しずつ広がり、翌日は背中や頬のラインにしっかりと出ていました。

発疹のタイミングがちょっと遅いけれども、やはり突発性発疹だろうと診断されました。

 

突発性発疹は稀に2回かかることもある

・原因となるウイルスが2種類ある

・どちらも1度感染すると一生体内に残る

異なる2種類のウイルスに感染すると、稀に2度突発性発疹を発症することがあります。

今回の典型的な症状と違う場合がある!と言うことを踏まえて考えると、

以前にも似たような症状が出たことがあります。

その時も急な発熱。一晩で熱が下がり、2日後お腹にうっすらと発疹のようなものが・・・。そのまま広がることなく、翌日には消えました。

発熱期間や発疹の症状が、一般的に言われているものと異なることから、突発性発疹ではなかったのかな・・・と勝手に判断していましたが、その可能性もあったということです。

 

このように、発熱や発疹の状況が典型的な症状と異なる場合でも、突発性発疹の可能性はあります。

発疹の範囲や、消えるまでの時期、発熱期間。

様々な症状において典型的な症状と異なる場合もあるということです。

 

今回は発熱期間が短かったことに救われました。ただし、一晩で熱が下がっても体がだるいのか、ゴロゴロと過ごす様子が見られました。発疹が出始めた頃も体のだるさからか、ご機嫌ナナメで過ごす時間が多かったです。

可能であれば、熱が下がってからも少し様子を見つつ、ゆっくり過ごしてあげられると良いかもしれません。

 

以上、ママの気になる!日々。