ママの気になる!日々。

新米ママmontanaは、気になることがいっぱい!そんな日常生活の気になる!を自分なりに解決して日々過ごしています。そんな気になる!が、どこかの誰かに届くと良いなと思っています。

赤ちゃん・子どもの発熱!解熱剤・座薬を使用する目安は?2回目はどうする!?

総合的に判断。

f:id:montana2:20170717134248j:plain

先日。我が家の子どもは久々の発熱・・・

初めて40度を超える高熱が出てしまいました。

 

戸惑いながら、処方して頂いた解熱剤・座薬を使用することに!

無事落ち着いたと思っていましたが、やはり再度高熱が・・・

そこでさらに戸惑ったのが、2回目の解熱剤使用について。

 

赤ちゃん・乳幼児への解熱剤使用の目安と、

2回目の解熱剤使用について小児科の先生にお聞きしたことをお伝えします。

 

解熱剤・座薬の使用のタイミング。本当に難しいですよね。

私も今回で2度目の使用となりましたが、戸惑いました。

 

しかも、今回は1度目の解熱剤を使用後、再度高熱が・・・

2度目の解熱剤の使用について悩み調べたところ、色々な情報を見つけ、1度目の解熱剤のタイミングが失敗だった!?と、更に悩むことに・・・

悩んでいる間に、我が子の体調は少し落ち着きを取り戻し、無事に乗り切ることができました。しかし・・・あのまま高熱が続いていたら、どうするべきだったのか。

 

適切なタイミングでの解熱剤使用。

見極めるのはなかなか難しいですが、結果的に適切だったと言えるかどうかは、

使用後の過ごし方も大きく関わってくる・・・と強く思いました。

 

解熱剤・座薬の使用の目安

38.5℃を超える発熱時に・・・

・食欲がない

・機嫌が悪い

・ぐずって眠れない

38.5℃以上の発熱時に、上記の1つでも当てはまれば、解熱剤を使用します。

ただし!!38.5℃以上の発熱時でも、食欲があり機嫌も良ければ解熱剤を使用せず、様子を見て良いそうです。

 

今回は、病院で診察を待っている間にどんどん熱が上がっているようで

診察時には39℃を超えていました。

かかりつけ医で予防接種を受けているからか、いつも病院の診察室へ進む廊下を歩くだけで、尋常ではない泣きがスタートしてしまいます。今回も診察室へ辿りついた時点で大泣き。先生の声も聞こえないくらいです・・・苦笑。

この泣きを引きずり、自宅に戻っても機嫌が悪く、ご飯も食べません。

寝かけては泣き、寝かけては泣き・・・

 

この時点でまだ18時前だったのですが、2回目は6時間空けて・・・と聞いていたので、夜に再度熱が上がればまた使おう、と、1度目の解熱剤を使用しました。

(結局、深夜に2度目の使用について悩むことになってしまいました・・・)

 

解熱剤使用後、30分程度で効いてきたのか、動き出し、ご飯を食べる!と言い出しました。普段よりは少ないですが、少し食べることができたので一安心です。

 

この後、、

2度目の使用についてネットで検索したところ色々な情報を目の当たりにし、

連続使用して良いのか・・・1日の使用回数に決まりがあるのか・・・と気になり出し、1度目の使用は早すぎた!?と悩むことになったのですが、

小児科の先生に2度目の使用についてもお聞きし、結果的に薬の効果で熱が下がっている間に食事を摂ることができたので良かったのかなと、今は思っています。

 

解熱剤・座薬の使用。2回目のタイミングは!?

※今回処方された解熱剤はアンヒバ坐剤小児用100mgです

・前回の使用から6時間空ける

・先程記載した使用の目安で考える

・6時間空ければ連続使用も可能

1日に何回までと決まりはありますか?とお聞きすると、6時間空いていれば大丈夫!と教えて下さいました。理論上は1日4回可能ということです。

ただし、先ほどの使用目安と併せて考え、多くても2、3回となることが多いようです。理論上可能でも、やはり4回連続となると多いのかな・・・という風に感じました。

また、かかりつけのお医者さんにより見解の違いもあるかもしれませんので、かかりつけ医の指示に従うことが1番だと思います。

 

今回の場合でお聞きすると、夜中に熱が上がり寝れずに過ごしている状態であれば、連続だということに囚われすぎずに、解熱剤を使用しても問題なかったようです。薬の効果で体温が下がり、寝ることができればその分体力も維持できるからです。

ただし、今回の我が子の場合では、この悩んでいる間に今までよりも汗をかいている様子が見られました。その後、使用せずに少し体温が落ち着いてきたので、やはり解熱剤の使用は総合的に判断していくものだと思います。

 

解熱剤が効いている間にしたいこと

・食事

・水分補給

・睡眠

 解熱剤を使用するということは、おそらく、食欲がなかったり、水分が摂れなかったり、寝苦しかったり・・・と、先程の使用目安に当てはまる状態だと思います。

解熱剤の使用で、一時的に体温が落ち着いてくる間に、今まで高熱でできなかったことを行ってあげるのが1番理想的だと思います。食事・水分補給・睡眠ができれば、体力を維持、回復することができます。

今回の我が子もそうでしたが、薬の効果で体温が落ち着き元気が出てくると、遊び出したり動き回ろうとします・・・しかし、この間に動きすぎると、せっかく食事や水分補給で体力を維持できたとしても、それ以上に消耗してしまいます。

動き回って遊びたい気持ちを抑えるのも、また1つ重要なことだなと感じました。

 

今回は、横になったり椅子に座ったりを促しながら、DVDをかけることで動きたい気持ちを逸らすことに・・・

DVDに限らず、座って遊べるパズルやお描き等、動きたい気持ちを逸らすことが重要です。それでも、なかなか難しい場合もあると思いますが、少しでも動き回る時間を減らすことで、体力の消耗を防ぐことができます。

 

解熱剤・座薬使用前に考えること

・解熱剤使用の目安

・薬が効いてきたら行うこと

解熱剤使用の目安を見極めながら、薬が効いている間に食事・水分補給・睡眠を行えるように工夫する。これが、発熱時の体力を維持・回復するうえで重要だと思います。

ただし、これに囚われすぎて使用のタイミングを逃してしまうと、発熱している子どもが辛いのも事実。子どもの様子を見ながら解熱剤の使用を考えることが大切です。

 

今回お伝えしていることは、解熱剤の使用を勧めているものではありません。

使用する場合の参考程度に考えて頂けたらと思います。

また、使用間隔は今回処方されたアンヒバ坐剤小児用100mgについてのものです。

 

おそらく、発熱は今後も起こりうることだと思います。

その時に戸惑うことがないよう、自分の中でもしっかりと再確認しておこうと思います。

 

以上、ママの気になる日々。